その他 測定分析業務

概要

環境に関する測定や分析の種類は、年を経るごとに増加しています。当社では、お客様のニーズにあった業務を展開できるように、新しい測定や分析を、随時追加し、対応しております。以下、さまざまな測定分析の例を挙げてみます。

アスベスト(石綿)粉じん濃度測定

大気中、または室内空気中の石綿粉じん濃度を測定します。特に石綿解体工事では、作業室内や屋外の石綿粉じん濃度を測定することにより、作業者の健康を守り、また石綿の外部への漏えいを防ぎます。

アスベスト(石綿)含有分析

吹付材や断熱材などの建材中に石綿が含まれているかどうか確認し、必要に応じて石綿含有濃度を算出します。石綿分析の標準法であるJIS A 1481-1~4に対応しています。

アスベスト(石綿)事前調査

建築物を解体する場合、石綿を含有する建材が含まれていないか確認する必要があります。これを石綿事前調査と言います。当社には国土交通省認定の「建築物石綿含有建材調査者」が在籍しており、効率的で正確な石綿事前調査を実施しています。

《アスベスト事前調査のご案内.PDF》

シックハウス測定

新築または改築等で建築物を引き渡す際に、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドやトルエン等の揮発性有機化合物を測定します。パッシブ法、アクティブ法とも対応しています。

絶縁油中PCB分析

トランスやコンデンサ中の絶縁油に微量に混入しているPCB(ポリ塩化ビフェニル化合物)を分析します。PCB含有物は法令により適正な管理下に置かれ、順次処分されることになっています。

(準拠法令:「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」)

放射線量測定

ガンマ線用シンチレーションサーベイメータやGMサーベイメータを用いて空気中の放射線量や表面汚染の測定を行います。

放射能検査

ゲルマニウム半導体検出器を用いて食品、廃棄物、土壌、水質などのサンプル中の放射性セシウム、放射性ヨウ素などの放射能を分析します。

建築物空気環境測定

不特定多数の人間が多数出入りする建築物では、健康保全の観点から、空気中の温度、湿度、二酸化炭素濃度、一酸化炭素濃度、浮遊粉じん量、気流、ホルムアルデヒド等を測定し、必要に応じて適正範囲内になるように空気調整を行っています。

参考リンク