沿革

  • 昭和47年8月

    株式会社大東化学を盛岡市大沢川原一丁目1-6に設立

  • 昭和50年1月

    (社)日本環境測定分析協会の正会員となる

  • 昭和51年4月

    計量証明事業(濃度)の登録を受ける
    計量証明事業(騒音)の登録を受ける

  • 7月

    盛岡市松尾町17-15に事業所を新設する

  • 昭和52年2月

    紫波郡都南村津志田7-20-19に事業所を移設する

  • 昭和56年5月

    作業環境測定機関の登録を受ける

  • 昭和57年2月

    建築物飲料水水質検査業の登録を受ける

  • 4月

    岩手県ビル管理事業協同組合の正会員となる

  • 10月

    盛岡市南仙北ニ丁目9-10に本社を移設する

  • 昭和60年4月

    建築物飲料水貯水槽清掃業の登録を受ける

  • 5月

    (社)日本作業環境測定協会の正会員となる

  • 昭和62年7月

    建築物空気環境測定業の登録を受ける

  • 平成4年3月

    (社)日本環境アセスメント協会の正会員となる

  • 12月

    盛岡市津志田7-41-4に本社・事業所を新設する

  • 平成6年6月

    計量証明事業(振動)の登録を受ける

  • 平成8年10月

    株式会社大東環境科学に社名を変更する

  • 平成12年1月

    環境大臣指定調査機関(土壌汚染対策法 土壌汚染状況調査)の登録を受ける

  • 12月

    ISO9001の認証を取得する

  • 平成18年10月

    いわて地球環境にやさしい事業所の認定を受ける

  • 平成19年9月

    岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢第1地割265番地に総合技術センターを開設する

  • 平成29年6月

    一般建設業許可(土木工事業、とび・土工工事業)を取得する

  • 8月

    岩手県矢巾町と「災害時における環境安全調査の協力に関する協定」を締結する